ネット副業は本業先にバレにくいのがメリット

副業を始めてみたいけど、副業禁止の会社でバレないように行いたいと考えている会社員もいるのではないでしょうか。 働き方改革により副業を公認する会社も出てきました。だが、古い体質の会社ではまだまだ禁止しているのが現状でしょう。 副業を禁止している会社は、就業規則に明記されているのが一般的で、「本業に支障が出る」や「情報漏えい」を理由に挙げています。 社員のプライベートまで、会社(経営者)が首を突っ込むなというと思ったことはありませんか。 副業をする目的には、お小遣いを増やしたいとか子どもの学費に充てたいなど家庭によってそれぞれ事情があります。 前置きが長くなりましたが、会社にバレやすい副業とバレにくい副業を踏まえながら、ネット副業のメリットについて解説します。 まずはじめに、バレやすい副業は給与所得を得る仕事になります。 具体的に例を挙げると、コンビニや飲食店のアルバイトが当てはまりますね。 副業アルバイトは、出勤すればお金になるので確実性が高いですが、バレやすいのがデメリット。 このような給与所得を得る仕事を選んだ場合は、本業先にバレる確率が高くなります。 その理由は、住民税にあるのです。 住民税は2カ所以上から給与をもらっている場合、給与所得が合算され本業先に通知されるため、バレやすくなるのです。 さらに、人目につきやすい仕事を選んだ場合、同僚や知人などに見られてしまうケースも。 勤務先が副業禁止されていなくても、 副業は悪いイメージがあり否定的な考えを持っている人が多いのもまた事実。 せっかく、副業を始めるのであればあなたの周囲にバレれにくい仕事を選びたいものですね。 つまり、会社にバレにくい副業は1人でできる仕事が当てはまります。殆は自宅でできる仕事なので、人目につくことはありません。 これらの仕事は給与所得に当たらなく、雑所得になります。雑所得は、本業の所得と分けて住民税を納められるので、会社にバレる確率がぐんと低くなります。 ネット副業がバレてしまう理由は、飲み会で同僚に副業のことについて晒したり会社のパソコンを使って本業以外のことをしていたケースが大半でしょう。 一人でできるネット副業は、株やFX・ネットオークション・クラウドソーシングなどがあります。 就業時間が決められていなく、場所を選ばずにできるので隙間時間を活用しながら効率的に稼げます。 また、これらの仕事は節税効果があるのがメリット。 例えば、ネットオークションに出品するためには、仕入れる商品やパソコンが必要になりますね。 利益を上げるためには、さまざま経費が掛かっているのです。 ネット副業は、商品の仕入代やパソコンは経費に含まれます。 副業の年間所得金額20万以上になると確定申告が必要になりますが、収入=所得ではありません。 所得は、収入から経費を差し引いたものになります。 なお、経費はかなり広範囲にわたり認められるので、副業で購入したレシートなどは捨てずに保管しておくようにしましょう。 ネット副業は本業先にバレにくいだけでなく、ネットさえ繋がっていれば気軽に始められます。 コロナの影響で時間を持て余している今こそ、新たにネット副業を始める絶好のチャンスですよ。