ネット副業の報酬も確定申告が必要

収入の額は異なっても、ネットを活用して副業を行なっている方は多いのではないでしょうか。しかし、中にはネット副業で年間どれくらいの儲けを把握していないといった方や、収入が増えて暮らしが豊かになってラッキーだと有頂天になっているような方も多いのではないでしょうか。ネット副業の報酬というのは、指定した金融機関に振り込まれ、その明細というのはネットで管理していることが多く、実際に企業で雇用されて働いているケースとは異なり、支払者が見えない、給料明細として直接渡されたり、送られたりするものではないため、収入としての実感が湧かないといった方も多く、その収入に税金の支払いが発生することに無頓着になりがちです。
中には、黙っていたら収入があったことなんてばれないと考えている方もいますが、ネット副業で儲けた金額を申告しなかったことにより、突然脱税の疑いがかけられて捜査されてしまうといった方も多いことを忘れてはいけません。ネット副業で得た収入は指定の金融機関に振り込まれます。それはネット上で厳しく管理されていますので、収入の証拠になります。そのため、ネット副業だからバレないのではなく、ネット副業だからこそ脱税はすぐに分かるということをまずは把握しておくことが大切です。

しかし、なかにはネット副業で得た収入を確定申告しなくてもよいケースがあります。それは年間の売り上げが20万円以下の場合です。収入ではなく売り上げと表現したのには、経費を差し引いた収入が20万円以下であった場合に確定申告の必要がないからすです。
例えば、年間の収入が25万円だった場合、何も差し引かなければ確定申告の必要があります。しかし、その25万円を稼ぐために必要な経費が6万円だった場合、売り上げが19万円になるため申告の必要性がありません。そのため、ネット副業を始める方はこの収支をしっかり記録しておくこと大切です。
ネット副業で得た収入を確定申告をする際、所得の種類を選択しなくてはいけません。ネット副業の場合はアフィリエイトやクラウドソーシング、動画配信や仮想通貨などさまざまな分野がありますが、雑所得という分類になります。申告をする際に青色申請と白色申請というものがあり、青色申請の場合に事前に事業所としての報告をしておかなくてはいけませんが、その分控除の額が大きいのがメリットです。しかし、副業の場合には会社に副業がばれるリスクもありますので、白色で申請をされることをおすすめします。